平成25年9月度トピックス
平成25年第3回定例会で制定12月より施工


みよし市防犯カメラの設置及び運用に関する条例(案)の骨子
(1)目的
   防犯カメラの適正な設置と運用を推進することにより、市民の権利、利益を保護し、もって安全、安心な地域社会の実現に寄与します。
(2)定義
   防犯カメラ、市民等、画像データ、公共の場所、防犯対象区域
(3)基本原則
   防犯カメラの設置者等は、個人の権利利益を保護する観点から、その設置、運用、画像の取り扱いに関し、適切な措置を講じなければならない。
(4)設置運用要領の届出
    次に掲げるものは、防犯カメラの設置及び運用に関する要領を定め、届出をしなければならない。
   ア 市
   イ 市の事務事業及びしてい管理者
   ウ 行政区
   エ 商工会及びこれらに準ずる団体
   オ 鉄道事業者
(5)設置者の義務
   ア 管理責任者の設置
   イ カメラを設置している旨及び設置者の名称の表示
(6)取扱者の指定
   ア 取扱者の指定、管理責任者及び取扱者以外の機器操作の原則禁止
   イ 緊急かつやむをえない場合、管理責任者の許可を得ての対応
   ウ 上記緊急時の機器操作に関する管理責任者への報告
(7)設置者等の義務
   ア 設置運用要領の遵守
   イ 画像データから知りえた個人情報の漏洩及び不当目的利用の禁止
(8)画像データの適切な取り扱い
   ア 画像データの目的外利用及び第3者への提供の禁止
   イ 画像データの適正管理
(9)画像データの開示
   自己画像の開示請求は、可能な範囲で開示に努めなければならない。
(10)苦情対応
   防犯カメラの設置及び運用に関する苦情には、迅速かつ適切に対応
(11)報告及び勧告
   管理運用状況の報告の求め及び違反行為への中止・是正の勧告
主な条例の骨子です。